• 金. 3月 1st, 2024

主婦日和、猫日和

片付けて、整えて、今日も猫はご機嫌です

HSPの私がメンタルデトックス(心を整える)のためにやめた5つのこと

Byルーシーのママ

2月 14, 2023

「気疲れ」で今日もぐったり…(ため息)。

そんな日が一年を通して多くあるのが、HSPである私の日常です。

しかも、「気疲れ」が溜まると、体の調子も悪くなってくるし…。

「心の疲れ」をデトックスして、体の巡りも良くしたい!

そう思う日々の中で、私が試行錯誤を繰り返して「この方法良いかも!」と自分なりに見つけた、安定して実行できている5つの方法をご紹介します。

  • 溜まった「気疲れ」をリセットし、心身ともに巡りを良くしてほしい。
  • メンタルデトックス(心を整える)方法を一つでも多く知り、日常に取り入れてほしい。
  • 気持ちと心の穏やかさを保てれば、「気疲れ」の累積を予防できることを知ってほしい。

HSPにとってのメンタルデトックス(心を整える)とは? 

「気疲れ・心の疲れ」は、日常生活に支障をきたすほど、とてもダメージが大きいんです!

放っておくと、イライラや不眠に直結するんだよね〜…。

【「気持ち・心の疲れ」が溜まるとどうなる?】

  • 体調不良(倦怠感・胸のつかえ・偏頭痛)をはじめ、思考や判断力も鈍くなる。
  • 勘や直感力が著しく低下してしまい、些細なミスを繰り返してしまう。
  • 自分を責め続けて、自己肯定感が低くなり、さらに落ち込んでしまう。

「些細なこと」の間違いも多くなって、余計に自分が嫌になることも。

まさに悪循環です…。

「ストレス解消すればいいんじゃない?」とよく言われますが、

ストレス解消のための行為は、一時的な(表面的な)対処療法で、根本的な心の疲れの解消にはなりにくいんです。

「ストレス解消」「ストレス発散」をするのも大切ですが、ここで更に大切なのは『メンタルデトックス(心を整える)』こと!

ストレス発散は「一瞬」で、また疲れた感情がぶり返すことも。厄介なんですよね…。

そしてたどり着いた答えがズバリ、メンタルデトックス(心を整える)のために、普段から「やめること」を実行するのです。

「余計なもの」をあらかじめ自分の心に蓄積させない方がいいと、我ながらにやっと気が付きました。

それでは、具体的に私はどんなことを「やめた」のか、ご紹介します。

湖のほとりで、景色を眺める少女

[ad]

①三毒(妬む・怒る・愚痴る)

普段から、愚痴って怒って妬んで…。

そんな時期が、20代〜30代にかけてありました。

だけど、その後の「嫌〜な気持ちが残る」って、経験ありません?

しかも、「愚痴り仲間」「妬み仲間」「怒りをぶつける矛先」って、まさに「類友」

「負のオーラ」出しまくりで、そこにいるだけで「気疲れ」してる自分に気がついていませんでした。

イイ男イイ女で、いつも愚痴っている人っていませんよね?

仏教の言葉で、「三毒追放」というものがあります。

【三毒とは】

  • 妬む
  • 怒る
  • 愚痴る
『起きていることはすべて正しいー運を戦略的につかむ勝間式4つの技術』勝間和代
『起きていることはすべて正しいー運を戦略的につかむ勝間式4つの技術』勝間和代

実際に私も、「妬みの話好き、怒ってばかりの人、常に愚痴る人」が発する「嫌な気」を、正面から受け止めて疲れてしまっていたんですよね。

そういった人達と同じ空間に一緒にいるだけでも、か〜な〜りメンタルにダメージを受けます!

まさに「負のオーラのトゲ」を撒き散らしている空間にいて、「見えないトゲ」に心も体も刺されていたんですね。

また、三毒を普段から他人に撒き散らしている人のもとには、同じく三毒を撒き散らしている人が残るのもの(世の常?)。

だから、「トゲ」から自分を守るためにも、そういった人達のそばには、近づかないことが一番です!

距離を起き、用事があってもすぐにそばを離れる!(「トゲトゲしい人」とは上手く表現できてますね〜)

一緒にいればいるほど、毒されるってこういうことなんですよね。

そして自分自身も、この三毒を言わないように(追放)することで、かなり気持ちも楽になって、勘も冴えてきます。

そうすると、自ずと「三毒を撒き散らさない人」と交流できるようになってくるから、心も疲れないし良いことだらけ!

魅力的な男性や女性にもぐっと近づけて、世界が変わる感じ!

愚痴って妬んで怒ってそこに留まるより、三毒追放して前に進んだほうが、精神衛生にいいに決まってますよね。

※三毒を撒いている人に近づかず、自分自身も三毒をやめる!
三毒の「トゲ」から自分を守る。

修行僧の少年

[ad]

②行列に並ぶこと

行列は「イライラの気」の集まり
行列は「イライラの気」の集まり

普段、行列に並ぶのは苦ではないですか?

私がいつも感じるのは、行列に並んでいる人たちのイライラの気

「まだかな?まだかな?」のイライラの気が刺さるのよっ!

インスタ映えするお店やランチタイムの行列、まったく「ハッピーオーラ」を感じません!

それに「行列に並ぶことが楽しい」という人は、あまりいないですよね。

その後に目的のお店に入店できたとしても、人々の混雑や焦りの感情を感じながら、その場で時間を過ごすのは、しんどいです(「イライラの気」が刺さりながら)。

また、通勤・通学のラッシュの時間帯の「人のイライラ」は、「イライラがトラブルを引き寄せる」と言ってもいい程。

通勤ラッシュの電車の中
通勤ラッシュの電車の中

朝からその空間にいる人達の、「ストレスに心を攻撃される」という経験も辛かったです。

※あえて行列に並ぶことや、人で混雑している場所へ行くのをやめる。
どうしても行く必要があるのであれば、早い時間帯や時間差を計算して行く。
(やっぱり朝早い時間帯がオススメです!)

③夜ふかし

朝の過ごし方、どうですか?

いつも「バタバタ、あたふた」しちゃってますか?

HSP気質の私にとって、「朝のバタバタ」はかなり辛いんです。

自分自身に余裕がない状態、というのがメンタルにダメージを受けるし、その日一日がイライラか落ち込みという、もったいない過ごし方をしてしまいます。

また、自分でなくても、家族の誰かや職場の人が朝にバタバタしていると、その「ストレスの気」を受け取ってしまう!という何とも損な状態になってしまうのです。

「夜ふかしをしない」は、翌朝の自分のメンタルの状態を悪くしないための手段でもあります。

※夜ふかしをやめて、早起きをする。
翌日を「もったいない日」にしない。

睡眠不足で一日中まどろむことも…
睡眠不足で一日中まどろむことも…

[ad]

④耳障りな音がある場所へ行くこと

音にとても敏感で、疲れます。

人との会話も、「言葉のやり取り」として聞く以外に、相手の声のトーンからも感情を読み取ることがよくあります。

声のトーンで、相手の「嘘」や「ごまかし」に気付いて疲れることも…。

私自身、耳障りだと感じる音は、

  • 時計の秒針
  • 冷蔵庫や室外機の音
  • 外部から聞こえる音楽の振動音
  • (アイドルの追いかけをする人達の)黄色い声
  • 貧乏ゆすりをしている人の、揺れている時の音(動作も)
  • 飲食店内の電子レンジ音を消すために、大音量で流している音楽の音
  • (カフェなどで)小さなぼそぼそ声で、外国語の発音練習をしている人の声の音
  • 病院の待合室のテレビの音(大抵ワイドショーをつけており、内容も声のトーンにも苦痛を感じる)

「こんな音で?」と思われてしまうような些細な音でも、私は「気になってしまう」の!

こういった音の「気になり」が心の疲労へと直結するから、本当に厄介だし面倒なんですよね…。

特に、人の多い場所で過ごす場合はこういった音を避けられないので、理想は人の少ない静かな場所で過ごすことに尽きます。

※自分にとって「耳障り」だと感じる音を聞いて疲れるのを予防するために、あえてそういった場所には行かないようにする。(または行く回数を減らす)

静かな場所で、ゆっくり読書が幸せを感じます
静かな場所で、ゆっくり読書が幸せを感じます

⑤糖の摂取

大人も子供も大好き、カラフルなアイスクリーム!
大人も子供も大好き、カラフルなアイスクリーム!

スイーツを食べることで、「ん〜、幸せ!もう一個!」ということ、あると思います。

コンビニスイーツのクオリティの高さや、かわいいパッケージに、ついつい手が伸びてしまいますよね。

しかし私自身、スイーツを食べた後のメンタルの状態が良くないということに気が付きました。

なぜかスイーツを食べた後は、気分が落ち込んだり、落ち着きがなくセカセカイライラする…。

「糖」が原因って、思いもしないよね!

ちょうどお酒も好きだったということで、「太らない食べ方」みたいな文献を読みまくってた時期がありました。

そしてたどり着いたのが「糖質依存はアルコール依存よりもたちが悪い!」というものでした!

これにはびっくりで、その後ますます調べるうちに、自分の「感情の起伏が激しくなるパターン」はスイーツを食べた後にあると発見。世界、ふしぎ発見!

スイーツを食べた後の「幸福感」は、マイルドドラッグと呼ばれているんだって!やだ〜、おっかない〜!

大好きなもちもちドーナツを食べて幸せな気分になり、しばらくするとカラダがだるくなって集中力が低下し、再びタピオカミルクティーを飲んでハイな気分になる。
この状態、何かに似ている……。そうまさに、薬物依存の状態に酷似しているのだ。

糖質の代謝に関わるビタミンB1が圧倒的に不足することで疲労感や抑うつ症状が見られるようになる。

キケンな「糖質依存」から抜け出すための11の方法 (Tarzan)

雑誌の『Tarzan』で、よく筋トレ特集や健康特集をやっているので、表紙のイケメンの腹筋に引き寄せられて(笑)、パラパラと雑誌をめくったら、ドンピシャで「糖の過剰摂取」についての記載が。

糖の摂取で「気持ちいい」「幸せ」と感じていた感情は、薬物依存と変わりないのね…と唖然としました。

砂糖たっぷりの、色とりどりのドーナツ
「一瞬幸せ」になれる、スイーツ類

※糖の摂取は「老化」も引き起こすことを学習。
アンチエイジングと「感情の起伏」を克服するためにも、糖は極力控える。
糖質の代わりに、肉や魚をたっぷり食べる!

[ad]

まとめ

自分がHSPだと分かってから、過去に疲れがひどかった状況を思い出して、自分なりのパターンを見つけました。

「シンプルに、続けやすく、簡単に」をモットーに、今でもこの方法を日々取り入れています。

気分の向上とキレイな花

過去には、

「他の人は平気なのに、どうして自分だけこんなにしんどいんだろう」と思う毎日。

「あなたの我慢が足りないから」「気にし過ぎで、神経質だから」とも言われ続けました。

「もう心底疲れた、やってらんないっ!」と自暴自棄になるときもあったんだよね。

ここまで来て私が自信を持って言えることは、心身の疲れを「溜め込みすぎないこと」が大切!

「心労・疲労」を溜め込んでいる人=巡りが悪い人…というイメージもあります。

イイ男イイ女は、いつも顔色が良くて背筋もシャキン!としてるしね〜。

今回ご紹介した「やめたこと」を一つでも気になるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

大切なのは、「気持ちが楽になる」ということ。

「楽な気持ち」に自分を持っていけば、自分も周りもハッピーになれます。

「悪循環」を「好循環」に変えるのは、意外と簡単です。

そこに「気づく」ということに気がつけば、辛い心労や疲労から解放されるはずです。

今日から、気になったものをぜひ試してみてくださいね!

ルーシーのママ

子育てが一段落したので、自分の時間が増えたことから、ブログを書くことに挑戦しています。ブログを始める前は、専業主婦として家事や育児に専念していました。しかし、子どもたちが成長し、自分自身も新しいことに挑戦したいという思いが強くなり、ブログを始めることにしました。 詳しくはリンクをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA