• 金. 3月 1st, 2024

主婦日和、猫日和

片付けて、整えて、今日も猫はご機嫌です

【真央リンク】場所はどこ?いつオープン?建設費や維持費も調査!

Byルーシーのママ

3月 29, 2023
真央リンクの場所はどこ?

「真央リンク」を設立したい!

「真央リンク」(「MAOリンク」)が、浅田真央の公言通り設立されることが決まりました!

浅田真央は、自身のリンクを設立する夢を実現するため、

「サンクスツアー」や講演会などを積極的に行ってきました。

「真央リンク」は2024年の秋に完成予定。

リンクの場所はどこか、そして建設費や維持費はいくらくらいかかるのか?ということではないでしょうか。

【真央リンク】場所はどこ?

浅田真央の念願だったスケートリンクは、

東京都立川市にある建設会社の「立飛ホールディングス(HD)」とタッグを組むことに。

「真央リンク」設立予定地

МАО RINK TACHIKAWA TACHIHI マオ リンク タチカワ タチヒ
(スケート場の提供,フィギュアスケート大会用スポーツ施設の提供,運動施設の提供 ほか)

場所:東京都立川市泉町935-1

アクセス:多摩都市モノレール立飛駅 徒歩約3分

敷地面積:約9,000平米(予定)

東京都内にスケートリンクができるので、それなりの広大な敷地が必要となります。

この「真央リンク」は、スケートリンクをはじめとした、フィギュアスケートの大会ができるスペースなども兼ね備えてあるので、東京に住んでいない人も多く訪れることでしょう。

レストランやトレーニング施設も併設されるよ!

[ad]

【真央リンク】いつオープン?

「真央リンク」のオープン予定は、2024年秋頃です。

全国、そして世界中から真央リンクに来てね〜

「真央リンク」オープンの夢が叶った浅田真央ですが、

本人は2018年から全国で「サンクスツアー」を開催し続け、多くの人へ恩返しをし続けてきました。

「サンクスツアー」の次は「真央リンク」へ。

全国でもスケートリンクがどんどん減る中で、今回の浅田真央による「真央リンク」の建設が実現化し、

若手の育成にも力の入れ甲斐があるようになるでしょう。

[ad]

【真央リンク】建設費や維持費は?

全国でどんどんスケートリンクが閉館する中、新規にオープンする「真央リンク」。

その建設費や維持費は、いくらかかるのでしょうか?

2022年3月現在、「真央リンク」の諸費用については公表されていませんが、

北海道にある道内二番目の広さの「明治北海道十勝オーバル」を例に、

建設費や維持費を見ていきます。

明治北海道十勝オーバル
「明治北海道十勝オーバル」
  • 平成21年7月31日竣工
  • 平成21年9月1日開場
  • 工事費5,583,900千円
  • 鉄筋造・一部鉄筋コンクリート造2階建
  • 延床面積19,218.38㎡
  • 敷地面積104,900㎡

ちなみに、スケートリンクの維持には、電力や氷の状態の維持、人件費などもろもろ込みで年間一億円はかかるそうです。

サンクスツアーもいっぱいやって、稼ぎますよ〜!

「真央リンク」の広さなどもまだ公表されていませんが、

東京都内での建設となると、北海道の「明治北海道十勝オーバル」よりもかなりの経費となることが予想されます。

[ad]

まとめ

今回は、浅田真央が「真央リンク」をオープンすることが決まり、その場所やオープン時期、建設費や維持費についてまとめました。

【真央リンク】の場所は、東京都立川市

【真央リンク】いつオープンは、2024年秋の予定

【真央リンク】の建設費は推定で6億円以上、維持費は年間1億円以上

浅田真央は現役を引退していますが、地道にサンクスツアーを開いたり、メディアに登場してスケートの普及活動に力を注いできました。

2024年にオープンの「真央リンク」から、将来のオリンピック選手が出てくるかとても楽しみですね。

【浅田真央を超える?島田真央の活躍を過去の浅田真央と比較します ⇓】

浅田真央と島田真央の違いは?幼少期からの成績や演技力を徹底比較!

ルーシーのママ

子育てが一段落したので、自分の時間が増えたことから、ブログを書くことに挑戦しています。ブログを始める前は、専業主婦として家事や育児に専念していました。しかし、子どもたちが成長し、自分自身も新しいことに挑戦したいという思いが強くなり、ブログを始めることにしました。 詳しくはリンクをご覧下さい。

「【真央リンク】場所はどこ?いつオープン?建設費や維持費も調査!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA